読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと~稼ぐためのコミックせどり~

様々な転売・せどり方法。「思考」「考察」「実験」を行い確実に稼ぐノウハウを確立していきます。

2億円が数百万円で手に入るかも

せどり コミックセット マンガせどり Amazon刈り取り

 

こんばんは、井上です。

 

 

先日…と言っても去年ですね。

4人目のコンサルの方が決まりました。経験者の方でやる気と知識に満ち溢れた方です。考え方もしっかりされているので、しっかり結果を出されるかと思います。

 

さて、先行参加者の枠は残り1名です。

http://comictomo.hatenablog.com/entry/inoue.sedori

 

検討してくれてる方は多いのですがやはり金額がネックなのかもしれません。ですが稼ぐのを保証してる上に、1000冊に当選すれば余裕でペイできます。そんな夢のような参加はこちらから。

 

http://comictomo.hatenablog.com/entry/inoue.sedori

 

予定人数に達し終了しました。

※ご質問等は受け付けているのでお気軽にご連絡下さい※

 

 

 

 

さて、タイトルの話し。

久々にデカイ仕事が舞い込んできました。コミック関係ではないのでブログにそぐわないかもしれませんがご了承を。

 

 

で、タイトルにある通り2億円が数百万円で手に入るチャンスかもしれません。まだ相手と話しを詰めてないのでどう転ぶかは分かりませんが、少なくとも1000万円程度ならGOするつもりです。

 

 

商品ジャンルは明かせませんが、2億円の商品分となれば半額で捌いても1億ですからね。そこから税金関係を引かれる事を考えても美味しいです。

 

 

まあまだ全然まとまった話しではないので、話し半分で考えときます。しかし落ちているチャンスがあれば掴んでいきますよ!

 

 

 

 

さて突然ですが皆さんはミステリーとか好きですか?

 

私はあまり信じないタイプなんですよね。バリバリの科学脳です。現実的に起こり得ない事は一切信じないタイプです。

 

なので幽霊やら超能力者やら言われても信じる気にならないんです。(UFOなんかは別として)

 

でも私の嫁はそうゆうのを信じちゃうタイプ。幽霊を見た事あるとも言うし、自宅で夜中におもちゃのオルゴールが勝手に鳴いてるとも言う。

 

私は1回も見た事も聞いた事がないんですよ?なのに幽霊を信じている嫁の元には何度も現れる訳です。

 

 

つまり…ねえ?笑

 

そうなんですよね。結局そのような出来事って脳が作り出したものなんですよね。だから信じている人はそのような現象を体験するし、信じていない人には現れない。

 

そう、私は思っているんです。

 

あ、あくまで「私は」ですよ。

こっち系の話しすると絶対にお互い分かり合えない分野なんでお互いお互いが正しいと私は思います。

 

 

で、ちょっと話しが脱線してしまいましたがつまりバリバリの現実派の私なんで、やはりそのような現実に起こり得ない事をテーマにしている心霊番組なんかは見ないんですよね。

 

 

しかしそんな私なんですが先日ちょっと面白いテーマの番組がやってたんです。

 

ホラーとは全然違うんですが、その番組の出演者の芸人?が言うには今この世界は大分テクノロジーが進んでいるみたいなんです。

 

脳にチップを埋め込んでいる人間はすでに何十万人も居るし、先のアメリカの大統領選はトランプとクリントンの戦いではなく、後ろに居るもっと巨大な者達が決めていた事。

 

Facebookは個人情報を抜き取る為に開発され、火星に行く為の選別を行なっている。近い将来は人工知能が大統領となりこの国を牛耳る。

 

世界の富豪のロックフェラーは心臓手術を6回も行なっているが、それは自身のクローンを作り出して拒否反応が少ない手術を行なっているのではないか?

 

 

などなどw

 

どれもこれもが心霊番組と違い仮説を立てて話しをしていたので見てて飽きませんでした。嘘くささ満載でしたが笑

 

でもこれをただ単に「嘘くせーw」と決めつけて頭の片隅に追いやるのか、もしくはどれかは本当に真理に近いんじゃないのか?と見れば全く見方は違ってきますよね。

 

そしてそれを活かせるなら活かすべきなんです。例えばその番組の芸人が言うにはトランプが勝つって事は決まってたみたいなんです。

 

それに対しても、結果が出る前にいくつもの仮説も立ててました。(クリントンが勝った時バージョンも撮影していた可能性はありますが)

 

で、まあ仮に本当にトランプが勝つって事が分かっていれば株なんかで大儲けできましたよね。

 

 

つまり

まあ結局何が言いたいかと言うと…

 

 

信じるか信じないかは貴方次第!

 

 

それでは。(疲れたんで無理矢理締めました)